概要

オプティマ・ファンド・マネジメントは、経営陣の1人で投資責任者でもあるD.ディクソン・ボードマンにより設立され、魅力的なリスク調整後収益を生み出すと同時に大きなダウンサイド・プロテクションを提供することに重点を置いています。 現在、当社は今日、合同運用およびカスタマイズの個別アカウント・ヘッジ・ファンド・オブ・ファンズ・プログラムをさまざまな戦略に基づいて提供しています。 また、シングル・マネージャー・ヘッジ・ファンド・プログラムも用意しています。 このプログラムのヘッジ・ファンドは、強力なトラック・レコードおよび卓越したマネージャ能力に対するオプティマの評価に基づき、オプティマが選択しました。

  • 1988年に設立されたオプティマは、最も古い独立系代替資産管理会社の1つです。
  • 顧客の割合は、70%が法人、30%が富裕層であり、20カ国に900の顧客が存在します。
  • Optima Fund Management LLCは、1993年以降、SEC登録投資顧問であり、Optima Fund Management Limited Partnershipは、2004年以降、SEC登録投資顧問となっています。
  • 2000年以降、オプティマは、当社の17%の株式を保有しているBNY Mellon Wealth ManagementおよびMellon Financial Corp.との戦略的提携を行っています。

哲学

設立以来、オプティマは、投資プログラム、運用、および顧客サービスの品質と統合性に責任を持ってきました。 これは当社の事業戦略にとどまらず、当社のすべての業務を評価する基準でもあります。 この哲学には、現存数千ものヘッジ・ファンドの最大10%が再検討の余地があり、そのうちの半数が本格的に検討する必要があるかもしれないというオプティマの信念も含まれます。

  • オプティマは、他のヘッジ・ファンドと異なり、適正評価プロセスの強力な定性的および定量的な調査、および運用およびポートフォリオのリスク管理に対する特別な重点に基づいています。
  • オプティマは、ヘッジ・ファンド業界で「最高で最適な」能力と見なす人と投資を行うことを追求しています。
  • オプティマは、それぞれの委託に対応し、投資家の目標およびガイドラインに合うようにポートフォリオをカスタマイズできます。

D. ディクソン・ボードマン

「私たちは、お客様のことをよく知るために相当の時間をかけています。 お客様それぞれの目標とニーズを深く理解することは、 当社のお客様に合わせたプログラムの基本です。」
クリストファー・J.ヒース、常務取締役