上級管理職:

D. ディクソン・ボードマン

パートナー、設立者、最高経営責任者、投資責任者

ジェフリー・M.ルイス

CA(SA)、CPA、パートナー、ファイナンス責任者、運用リスク責任者、 コンプライアンス責任者

トーマス・S.T.ギンベル

パートナー、専務取締役、ポートフォリオ・リスク責任者

クリストファー・J.ヒース

パートナー、常務取締役

マイケル・スペルマン

常務取締役、投資責任者

D. ディクソン・ボードマン、パートナー、設立者、最高経営責任者、 投資責任者

ボードマンは、オプティマ・ファンド・マネジメントを設立し、現在、 Optima Group Holdings LLCの経営陣の1人です。 彼は米国で早い時期にファンド・オブ・ファンズを導入した者の1人であり、 1988年7月にオプティマを設立しました。 ボードマンは、 ファンド・オブ・ファンズ、シングル・マネージャー・ヘッジ・ファンド、法人向けマルチ・マネージャー・プログラムなどにより、 オプティマを業界で評判の高い企業の1つに育て上げました。 ボードマンにはヘッジ・ファンド業界での経験と専門知識があるため、 フィナンシャル・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルを始めとする 経済誌でよく引用されます。 CNBCにもよく登場し、 ヘッジ・ファンド業界に関する概観を述べています。 また、 メモリアル・スローン・ケタリング癌センターのスペシャル・プロジェクト・コミティーの委員長を務めたこともあり、 現在は、メモリアル・スローン・ケタリング 癌センターの諮問委員会のメンバーです。 Florida Crystals Corporationのディレクター、 J.C. Bamford Excavators(英国)の顧問委員会ディレクターも務めています。 オプティマを設立する前、ボードマンは、 上位株式仲買人20人の1人であったKidder, Peabodyの上級副社長として、次に 諮問委員会のメンバーの1人でもあったUBS PaineWebberで、富裕層個人客へのアドバイスを行っていました。 ボードマンは マギル大学に通っていました。

ジェフリー・M.ルイス、CA(SA)、CPA、パートナー、ファイナンス責任者、 運用リスク責任者、コンプライアンス責任者

ルイスは1989年にオプティマに入社しました。  ファイナンス責任者である彼は、 会社の運営、ファイナンス、租税、コンプライアンス、およびパフォーマンス算出に関する全責任を 負っています。  オプティマに入社する前は、 Spicer & Oppenheimer(ニューヨーク)の上級監査部長でした。  同社では、 ヘッジ・ファンド顧客およびその他の企業の監査契約の管理を担当していました。 Spicer & Oppenheimerに入社する前は、Fisher Hoffman Stride(南アフリカ)のパートナーとして 本社の監査を専門としていました。  ルイスは、 南アフリカのヨハネスブルクにあるウィットウォータースランド大学で優秀な成績を収め、会計学の学士号を 取得しました。 現在、ニュージャージー州バーゲン郡にあるさまざまな非営利団体の評議会の委員に 就いています。

トーマス・S.T.ギンベル、パートナー、専務取締役、 ポートフォリオ・リスク責任者

ギンベルは、シングル・マネージャー投資業務およびポートフォリオ・ リスク管理の責任者です。 ギンベルは、ヘッジ・ファンド投資の担当責任者を務め、 ヘッジ・ファンド投資を考案し、ファンド・オブ・ファンズ提供を構築したCredit Suisse Asset Managementから、 2004年にオプティマに転職しました。 その前は DLJのヘッジ・ファンド部門のヘッドです。 DLJより前は、 PaineWebberで投資バンキング担当責任者、PaineWebber Futures Management Corporationで会長を努めていました。 1994年、オプティマで最初のファンド・オブ・ファンズを サブ顧問として構築しました。 彼のキャリアは1978年の投資バンキングから始まりました。 ギンベルは、 ボードイン大学で経済学の学士を取得し、コロンビア・ビジネス・スクールで 金融のMBAを取得しました。 ボストンの小児病院の理事会のメンバー、 Lighthouse Internationalのディレクター、Prime Energy Corporationのディレクターも務めています。 業界誌に複数の掲載記事があり、 多くの会議および機関投資家フォーラムで発表を行っています。

クリストファー・J.ヒース、パートナー、常務取締役

ヒースは、Caspian Securities, Inc.で会長、自身が 1995年に設立したCaspian Securities, Ltd.で最高経営責任者を務めた後、1998年にオプティマに入社しました。 その前は、Baring Securities Limitedで最高経営責任者、その後会長として9年を過ごしました。 この会社は彼が1984年に設立し、 1993年に去るまで、世界で最も成功している証券会社の1つに育て上げました。 ヒースには、 株式仲買会社のHenderson Crosthwaite & Co.のパートナー、Imperial Chemical Industriesでのさまざまなポジションなど、40年を超える投資経験があります。 また、 Securities Instituteのフェローでもあります。 上級管理職としての仕事以外にも、 世界の多くの地域、 特に日本でビジネス開発者として積極的に活動してきました。

マイケル・スペルマン、常務取締役、 投資責任者

2012年にオプティマに再入社する前、スペルマンは、Oppenheimer Asset Managementで3年間常務取締役を務めました。同社では、代替投資調査部門の管理をサポートし、 グローバル・トレーディング部門のマネージャー選択をリードし、 顧客の資産配分のための戦略的アドバイスを行いました。 その前の2005 ~2009年、スペルマンはオプティマの上級職となって グローバル・マクロ・マネージャーへの配分を管理し、また4半期グローバル経済見通しの編集者としては 会社の前向きな投資テーマの作成および発表をサポートする責任を 負いました。 2004~2005年、スペルマンは Refcoの代替投資グループの副社長としてデリバティブ・トレーディング・ポートフォリオの市場リスク管理のポリシー、手続き、 および技術を策定し、 一連のコモディティ・トレーディング顧問の配分を管理しました。 1999~2004年、スペルマンは、 Goldman Sachsのクオンティテーティブ・エクイティ・グループのアソシエートおよびリスク管理アナリストを務め、 投資リスク予算編成を管理し、 顧客取引の間で一貫したポートフォリオ構築を実現する責任を負っていました。 彼は インデックス・トラッキング・プロダクト、株式市場中立、 GTAAポートフォリオの株式構成など、複数の戦略を専門としていました。 スペルマンの代替投資のキャリアの初めは、 Salomon Smith Barney Managed Futures Tradingの調査アナリストとして、 その前はArnhold & S. Bleichroeder Advisersの統計専門家としての仕事でした。 彼が 資金運用に携わっているのは1995年以降です。 ホーバート大学のアジア研究分野で学士を取得しています。

「当社では、オプティマの専門家の能力を活用することで、トップレベルの 代替投資ソリューションを継続的に提供していけるものと信じています。 当社のチームは本当に優秀です。」
ジェフリー・ルイス、常務取締役兼CFO