合同運用マルチ・マネージャー・プログラム

オプティマは、ヘッジ・ファンド投資の特徴をとらえ、魅力的なリスク調整後収益を生み出す一方で大きなダウンサイド・プロテクションおよび株式および固定収益市場との低相関を提供することを目的としたマルチ・マネージャー・ヘッジ・ファンド・プログラムの構築を追求しています。 このプロセスの主要な点は、次のとおりです: 1)堅牢なマネージャー適正評価、2)相関およびボラティリティを考慮した補助マネージャーの選択、3)トップダウンの資産配分、4)継続的なリスク管理およびマネージャー監視。 現在、オプティマでは、次のような複数の戦略の合同運用ファンドを提供しています。

  • ロング・ショート株式FOF1988年以降
  • グローバル・マクロFOF1991年以降
  • マルチ・ストラテジーFOF1999年以降

カスタマイズ・マルチ・マネージャー・プログラム

1991年以来、大口法人客の固有の目的および制約に合わせたカスタマイズ・マルチ・マネージャー・プログラムの構築および導入を行ってきました。 現在、オプティマでは、法人客に代わって、ロング・ショート株式、裁量マクロ、CTA/タクティカル・トレーディング、およびマルチ・ストラテジー・プログラムを管理しています。


シングル・マネージャー・プログラム

オプティマは、際立った独自の投資専門知識、強力なトラック・レコード、および卓越したマネージャー能力を持つと見なした数人の複数の世界レベルのヘッジ・ファンド・マネージャーとのサブ顧問関係を結んでいます。 オプティマがスポンサーとなり、法律、管理、リスク管理、レポート、独自技術、および市場のサポートを提供しています。 このようなパートナーシップにより、各マネージャーはオプティマのグローバルな分配チャネルを活用できます。

「当社の考えでは、経験、知識、提供製品など、さまざまなレベルで付加価値を付けます。 オプティマの社員はすべて、 これまで築いてきた自分の会社を非常に誇りに思っています。」
D.ディクソン・ボードマン、設立者兼CEO