厳格な投資プロセス

マルチ・マネージャー・ポートフォリオ向けの投資プロセスの特徴は、正確性、厳格性、および一貫性です。 トップダウンのマクロ経済的視点と、投資運用チームによるボトムアップの基礎研究を組み合わせています。すべての基礎研究は、当社の独自のマネージャー分析調査システムであるOPERASがサポートしています。 オプティマの投資プロセスは、次の4ステップから構成されます。

マクロ/資産配分は、マクロ経済データおよび主要な地域に影響を与えるその他の要因の分析、および投資対象のヘッジ・ファンド戦略に基づく当社の投資見通しの結果です。 主要なデータ入力は調査部門により4半期ごとに正式に確認されて見通しのベースラインとなり、必要に応じて資産配分が調整されます。

マネージャー選択は、定性分析および定量分析を組み込む系統的な3つのステージのプロセスを通して実施されます。 マネージャーに資金を管理させる前に、適正評価プロセスの結果に基づく詳細な証券売買帳をまとめ、製本し、CIO、CFO/運用リスク責任者、ポートフォリオ・リスク責任者、および相談役が署名します。

同様に、ポートフォリオ形成は、定性的要素および定量的要素を統合して、オプティマのマネージャーの承認済み投資のリストからポートフォリオを形成します。 投資は、相関、流動性、エクスポージャー、多様性などの要因に基づいて作成され、形成されます。

リスク管理は、相当な損失が発生する前に事前の対応をとれるように、常に監視し、問題を見分けるように努めています。 チームはポートフォリオ・リスクと運用リスクの専門家に分かれます。 リスクの評価は、マネージャーに投資を承認するかを決定する際に重要であり、リスク・チームには、オプティマの厳格な基準に従うことのできないマネージャーを拒否する権利があります。

 

「当社では、幅広い戦略において多くのマネージャーを評価しています。 シングル・マネージャー・ファンドについて『クラス最高』の実績を持つと当社が見なす者のみが 評価されます。」
Michael Spelman、常務取締役