Optima Portfolio Evaluation Research & Accounting System(OPERAS)

オプティマの投資プロセスはすべて、社内のITチームが開発した独自のITプラットフォームによりサポートされています。 このITプラットフォームは、堅牢で一貫したデータ処理および管理を提供する一方、必要に応じて新しい機能および展開に対応できる柔軟性も備えています。 次のような機能分野が含まれます。

  • マネージャー適正評価およびポートフォリオ管理
  • 会計およびバック・オフィス運用業務
  • リスク管理分析および監視
  • 内部レポート
  • 顧客レポート
  • 専門の分析手順

オプティマのITチームは、2004年に初めてOptima Portfolio Evaluation Research & Accounting System(“OPERAS”)の導入を開始しました。 このプラットフォームは、当社の事業の拡張性を向上させ、当社の調査プロセスの定量的および定性的な価値を高めます。 データに基づく調査も書類に基づく調査もすべてOPERASに保存され、さまざまな分析プログラムを実行する堅固なプラットフォームを調査チームに提供します。

さらに、OPERASの幅広いリスク・シナリオ実行機能により、投資、運用、およびリスクの各チームは、ファンドおよびその投資関連リスクのすべての側面を総合的に評価できます。

「十分な情報に基づいた投資判断をお客様が行えるように、 安全で透明性が高く使いやすい技術プラットフォームの開発を当社は常に追求しています。」
アーノルド・ローゼンバッサー、ディレクター